子ども食堂「ハレカフェナイト」の様子

こんにちは。

晴れ✖夏日✖マスク

脱水症状(水分やナトリウムイオン等電解質不足)→熱中症(体温調整機能が不能)

マスクを着用しているので、のどの渇きを感じにくくなりますよね。

マスターもマスク着用でランニングしていると

湿った空気を呼吸しているものだから

いつもなら小まめに水分補給をするのですが、

あれっ?ってくらい

のどの渇きを感じないんです。

全身汗びっしょりなのになんです。

 

マスターは、ハイドレーションという点滴パックのようなものを

小さめのリュック(トレイルランニング用)に背負って走っているので

そこから延びる柔らかいストローのようなもので

走りながらでも、

水をちゅーちゅー吸って飲めるのです。

昨年のこの時期だと、1時間走れば1リットル位の水分補給は必要なんですね、

マスターの場合には。

 

走り終えて水分の減りが少ない場合にはですね、

攣(ツ)るのですね、夜中に足が!!

(マスターの場合は太もも~!)

↓↓↓

よってよって、

ランニングしない方でも

こまめな水分補給、そして塩タブレットなどでのナトリウムイオン等の補給を行いましょう。

 

子ども食堂的活動「ハレカフェナイト☽」

 

毎週木曜日の閉店後に子ども食堂的活動を行っています。

 

コロナ禍では、これまでの会食形式ではなく

感染拡大防止対策としまして

テイクアウト(お弁当)方式に切り替えています。

 

(要予約制です)

参加費:子ども無料(中学生まで)、大人300円

 

子育てママも一緒に準備を手伝っていただいております。

今回は、地元高校生のお姉さんも参加いただきました。

また、中学生とおじさんとの息の合った連携プレーなどもありました。

 

衛生管理に気を配りつつ

ちっちゃなお手伝いさんと連携して

40食近くの「アレルゲンフリーのスパイスカレー」が完成しました。

 

そのシステマチックな作業の様子をご覧ください!

 

①お弁当箱に異物混入がないか、

そしてゼリーが入っているか検査します。

 

②検査に合格したお弁当箱を盛り付けライン担当者へ

一つ一つ丁寧に手渡しします。

 

③大人用、子供用とで分量を分けながら盛り付けをします。

 

④割れないよう持ち帰りパッケージにピッタリサイズの緩衝材を作成し

各人数の卵を詰めます。

 

⑤作業の様子を応援する女子会の皆様。

 

⑥休憩時間には、高校生の新人お姉さんに

おもちゃの遊び方を教えてあげる

親切な先輩方。

 

⑦本日のメニュー

・ノンアレルゲンのスパイスカレー(ターメリックライス)、らっきょ

・かしわ餅(足りなくなったのでかぼちゃのレモン煮)

・フルーツゼリー

・企業や団体、個人の方々からふなばし子ども食堂ネットワークへご寄付いただきましたお菓子や野菜なども、子育て世帯の方々に持って帰っていただきました。

 

⑧外出自粛でしばらく会えなかったお友達と

「女子会」開催中。

 

 

【マスターの感想】

あれっ、ハレカフェの

「スパイスキーマカレー弁当」

と変わらないかも(笑)

どちらも子ども達でも食べられるように

ほとんど辛くありませんので安心して召し上がっていただけます。

(同様にアレルゲンフリーなカレーです)

ハレカフェの通常営業時間内のご来店お待ちしています。(最後に宣伝してみました)

そして、子ども食堂「ハレカフェナイト」へご参加、お手伝いご希望の方は

ご連絡くださいませ♪

℡ 090-6714-4200

水~土曜日 10:30~18:00

ハレカフェマスター(ふなばし子ども食堂ネットワーク事務局長)

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

次の記事

雨ですね☔